消せないフォルダと消せないファイル

Windows XP
でのトラブルでしたがあとのバージョンでも使える場合があります。

アクセス拒否されて、削除できないフォルダやファイル

なぜか、アクセス拒否されて、削除できないフォルダやファイルができることがある。

大抵は、「パソコンを再起動させる」・「セーフモードでWINDOWSを起動させて削除操作をする。」ことによって削除出来たりします。 まだ、実行していない場合は是非お試しを。
強力なファイル・フォルダを削除するユーティリティもあるのでご紹介

ファイルの所有権がない場合で削除できないときは、以下の記事を参考にしてください。

おいらの場合は、バックアップユーティリティソフト上(WINDOWS起動前に使うソフト)から作ったフォルダが削除出来なかった。
開こうとすると、画像1のように「アクセス拒否」され、削除しようとすると画像2の通り「ファイルまたはフォルダの削除エラー」が出てくる。

XXXXにアクセスできません。アクセスが拒否されました。

エラーメッセージ画像 ファイルまたはフォルダの削除エラー [ファイル名]を削除できません。アクセスできません。 ディスクがいっぱいでないか、書き込み禁止になっていないか、 またはファイルが使用中でないか確認してください。

おいらの場合は、アクセス権(所有権)がSYSTEMにしかないために、削除することはもちろん、開くことさえ出来ないフォルダとなっている。画像3参照

消せないフォルダのプロパティ

通常は、以下のように administrators やらの表示がされている。

通常のフォルダプロパティ

アクセス権(所有権)がないから何も出来ない状態なので、アクセス権(所有権)を取ればいいだけ。以下はその方法なのだが、先に書いたとおり、元はXP ProなのでXP Home では同様でできるのかはわからない。 SP2なら同じなのかと思うが確認はしていない。

まず、フォルダのプロパティ画面を開く。
消せないフォルダを右クリック>プロパティ。
開くと画面上に セキュリティタブ がある。 セキュリティタブがない場合は、フォルダオプション での設定を見なくてはならない。フォルダオプション
を開くには、 コントロールパネル>フォルダオプション で開くか、エクスプローラ のメニューバー にある ツール>フォルダオプションで開くことが出来る。フォルダオプションの表示タブを開き、一覧の中に「簡易ファイルの共有を使用する(推奨)」があるので、チェックを外しOKを押下で終了。

フォルダオプション

なお、XP HOME でセキュリティタブを表示させるには、セーフモードで起動する必要があるそうだ。セーフモードでの起動方法は、「Windowsをセーフモードで起動する

再度、消せないフォルダ やファイル のプロパティをクリックして見るとセキュリティタブがあるので、セキュリティタブをクリックし、詳細設定ボタンを押下。

プロパティ セキュリティータブ

所有者タブをクリックし、自分の“ユーザー名”がリストにあるので選択する。

消したくても消せないフォルダに含まれる ファイル や フォルダ の所有権を取得する場合は[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える] チェック ボックスにチェックを入れる。

セキュリティの詳細設定

OKボタンを押下。

次のメッセージが出たら「はい」を押下。

ディレクトリ(フォルダの名前) の内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。ディレクトリのアクセス許可を変更して、フルコントロールで利用できるようにしますか?

消せないファイル

消せないファイルを右クリックして、プロパティ>セキュリティタブ>詳細設定をクリック。

ファイルプロパティ

ファイルのセキュリティの詳細設定

名前ボックスの一覧で、Administrator または Administrators]グループをクリックし、[OK] をクリックする。
こうすれば、Administrator または Administrators グループにファイルの所有権が与えられるので、削除も可能になっています。

マイクロソフトのページへのリンク

どうしても消せないフォルダや消せないファイル

unlockerというソフトを使って消してください。ただ、Google Chromeでこのソフトの本家ダウンロード先に行くと「この先のサイトには有害なプログラムがあります。」と表示されます。どうも調べると以下のサイトさんで

unlockerがのIObit Unlockerに移行した

eizone.info/unlocker-block/

そうです。
IObitという会社はいわゆる中華系なのでなるべく使いたくない人が多いようです。ですので私が持っている「unlocker1.9.0-portable」をダウンロードできるようにしています。ポータブル版でインストール不要でデスクトップに解凍するだけですぐ使えます。アンインストールはフォルダごと削除すればいいです。Windows7 64bitで動作確認済
Onedriveでは開くと同時にダウンロードが始まります。
OneDrive
unlocker1.9.0-portable
Yahooボックス
unlocker1.9.0-portable.zip

MD5: EB5F0ABA4DBAB7DCA43EE1E0D10195F2
SHA-256: 7A561616AAE2D392B19AB6A0D85C08078E86D6104ED0A7CAC1E3B3079CEE1471

以下は古い記事です。KNOPPIX日本語版の開発は終了しています

再起動してもだめ、セーフモードでもだめ、権限の問題でもないとなったら、WINDOWS上からは消せないとあきらめ、KNOPPIXというLINUXディストリビューションを使って消しましょう。このKNOPPIXはCD-Rメディアに書き込み、WINDOWS起動前にCD-Rメディアから起動させるもので、WINDOWSの縛りがないので簡単にフォルダやファイルが消せます。なお、BIOSの設定で起動順序一番が光学ドライブであることが必要です。(やってみて起動すればそのまま、起動しないならBIOS設定を変更すればいいです。)

用意するものは以下

  • 空のCD-Rメディア
  • 書き込み機能が付いた光学ドライブ(今時のパソコンには付いているでしょうか)
  • isoイメージを書き込むソフト(Nero 9 通常版 やB’s Recorder やら 探せば多分Free softでもありんす)

次のページでKNOPPIXのisoイメージをダウンロードします。(画像参照)
KNOPPIX Japanese edition
ダウンロードするファイルは→ KNOPPIX6.0.1CD日本語版(LCAT対応) 600MB/ ファイル名 knoppix_v6.0.1CD_20090208-20090225_opt.iso

KNOPPIX6.0.1CD日本語版(LCAT対応) 600MB

ダウンロードしたISOイメージの書き込み方法は (iso cd-r 書き込み)で検索してご自分でお調べを。

また、使い方も(KNOPPIX 使い方)でお調べを。

Copyrighted Image